簡単!住まいの購入ガイド

株式会社さくらハウジングの不動産購入マニュアル

当社ホームページに戻る

02.購入相談をしよう!

不動産の場合、他の一般的な商品とは違って、その場ですぐに買えるものではありません。

インターネットや広告を見て物件が気に入って問い合わせてみても、もう決まってしまっていたり、様々な条件が合わず購入できなかったりする場合もあります。

インターネットや広告で「大体こんなものがあるな、こんな相場だな」と把握したら、資金計画や不動産概況などを相談し、自分にあった物件を不動産会社で紹介してもらいましょう。

物件を見に行く前に相談が大切

不動産をご検討されているお客様はネットや広告などで物件を見定てご連絡を頂くことがほとんどなので、皆さんまずは物件の内見をご希望されます。

しかし、プロとして助言させていただくなら、最初はまず相談が肝心です。

現金でのご購入ならともかく、ほとんどの方が利用する住宅ローンの場合、ご年収や諸条件によってはお客様ごとにお借り入れの金額が異なってきます。
また、物件が気に入ってもよくよく聞いてみるとお客様の状況によってはその物件では条件に合わない場合などもあるからです。

お客様によっては戸建てがベスト、マンションがベスト、場合によっては賃貸物件がベストな場合もあります。(これはお客様の状況によって千差万別です。)

当社は、お客様とパートナーとなって住まい探しをご提案したいと思います。
けして後悔はして欲しくありませんし、ご購入された後も長いお付き合いをさせていただきたいと考えていますので、そのためにはご希望やご不明な点をざっくばらんにご相談頂き、お客様の条件・状況にあせたベストな提案をさせていただきたいと考えいします。

ご相談のコツは、「譲れない条件、妥協できる点など、優先順位を明確にした上でのご相談」です。物件にはそれぞれ一長一短があり、工業製品のように一律ではありません。また、長所も人によっては短所になったり、短所が長所になったりする場合もあります。ご自身のご希望をしっかりと明確にした上でご相談頂きますと、住まい探しがスムーズに進みます。

 

>> 次を見る (03.資金計画をしよう)

このページの上に戻る