簡単!住まいの購入ガイド

株式会社さくらハウジングの不動産購入マニュアル

当社ホームページに戻る

03.資金計画を立てる

いくら物件を見ても、実際に「買える物件」でなければ徒労に終わってしまいます。ですから、購入相談と併せて、住宅ローンの相談もしっかりとしてましょう。

知っていると知っていないとでは何百万も違ってくる可能性もあります。

住宅ローンは、お客様一人ひとりのご年収・勤務年数・勤務先・借入状況… 当等、様々な条件によってお借入の可否や金額も変わってきます。

インターネット上は大まかなことはわかっても、お客様ごとの具体的なことは相談をしていただかないとわかりません。当社は資金計画を得意としています。わかりやすいローンの仕組みを図やグラフで仕上げたお客様一人ひとりに併せたオリジナルシートでご説明いたします!

他社で無理だといわれた方でもお借入が可能な場合もありますので、まずはご相談ください。

不動産は、物件価格の他に諸費用がかかります。

車と同じで、不動産にも 税金や手続きに様々な諸費用がかかってきます。大きな買い物、大事な資産となりますから、法手続きや諸税が他のものよりも複雑になってきます。 金額は物件によっても変わってきますが 中古戸建て、マンションで概ね6−9%程度となります。

購入可能物件価格 = ローン借入可能額 ( 自己資金 − 諸費用 )

※ 諸費用ローン等もあります。

主な諸費用としては以下のものがあります。

■ ご契約時に発生する主な費用

契約印紙代 不動産物件の売買契約書に貼付する印紙です。(印紙税)
仲介手数料 不動産会社の手数料です。 通常、契約時に前半金、引渡し時に後半金となります。
(通常は成果報酬となり、売買契約が成立した場合に発生となります。)

■ 住宅ローンお借入時に発生する費用

契約印紙代 住宅ローンの契約書に貼付する印紙です。(印紙税)
ローン諸費用 ローン事務手数料、登記のための登録免許税、ローン保障料、団体信用生命保険料等があります。 (利用する金融機関によって違いがあります。)

■ 残金決済引渡し時

仲介手数料 後半金のお支払いとなります。
登記にかかる費用 所有権移転・保存などの登記にかかる登録免許税、および登記を行う司法書士への報酬などがかかります。
固定資産税
都市計画税
年間の税額を引き渡し日以降の日割りで精算します。
(これらは不動産を所有すると毎年かかる税金です。)
その他 マンションの場合、管理費等を日割りで精算する場合があります。
戸建住宅の場合、水道加入金等の負担がある場合があります。

■ 引渡し後

不動産取得税 不動産の取得時に課税される税金です。

 

諸費用は物件によっても変わってきますので、詳細は物件検討時に当社スタッフにお尋ねください。上記のほかに、引越し代や身の回りのものの買い替え費用なども勘案しておきましょう。

住宅ローンのバランス

 

>> 次を見る (04.物件を見に行こう)

このページの上に戻る