簡単!住まいの購入ガイド

株式会社さくらハウジングの不動産購入マニュアル

当社ホームページに戻る

04.物件を見に行こう

購入相談もバッチリ、資金計画も大丈夫となったら、いよいよ物件を見に行きましょう!

インターネットや広告で見つけた物件を直接見に行ってしまう方もいますが、中古物件の場合はまだ売主様がお住まいの場合がありますし、だいたい物件の中が見れません。

資金計画をしっかりしていない場合は買える物件かどうかもわからず、後から条件に合わないことがわかった場合はがっかりします。しっかりと購入相談と資金計画を終えてから物件を見に行きましょう。

物件を「住む」という視点から確認しましょう。

住宅情報誌やインターネット上で手に入るチェックシートなどはお勧めできません。なぜなら、ネガティブなところばかりのチェックになってしまい、細かいところまですべて気にしてしまえば何も買えなくなってしまうからです 。
細かいチェックシートは単なる粗探しになってしまいがちです。

せっかく、夢と希望のマイホームなのですから、ご相談時の優先順位を念頭に譲れない点、妥協できる点、納得できるところなどを踏まえた上で「ご自身と、ご家族と、新しい生活のために」、「住む」という視点から確認してください。

担当者に遠慮せずドンドン質問しましょう。

不動産は一生一度の大事なお買い物です。後悔しないよう、担当者に遠慮なくドンドンと質問をぶつけましょう。いいなと思うだけでは不十分、お客様が後悔せず幸せな新しい生活を向かえるための疑問に当社も真摯にお応えします。その場でわからない質問も持ち帰ってキチンと調査しお伝えいたします。

プロだからこそわかる視点で、しかりとお客様の物件見学を補足します。

当社の物件見学は、経験豊富な担当者がご案内させていただきます。
物件だけでなく、周辺環境なども把握しておりますのでドンドンとご質問ください。
ご覧になられた感想、当社の対応などもぜひお伝えください。

 

>> 次を見る (05.購入契約の手続き)

このページの上に戻る